初めての沖縄旅行で沖縄を肌で感じて楽しむイベントとは

旅行

沖縄の空気感を肌で感じてみよう

初めて沖縄に来たときは、同じ日本であるはずなのに、まるで外国に来たかのような感覚に包まれます。それはなぜかとふと考えると、日本の中で唯一の亜熱帯海洋性気候であることなのかなと感じます。飛行機から降りた瞬間に感じる、ムワっとした湿度の高い空気感、どことなく海が近いことを感じさせるような肌にまとわりつくような感じに、最初はなかなか慣れません。
ソファやベッドを触ったときに、湿っているような変な感じを受ける人も多いと思います。気候が暖かいため、目にとまる植物もみな姿形をしています。普通はなかなか見ることがない、街路樹のヤシの木やソテツに、道路を走りながら何ともいえない違和感を覚えます。冬なのに綺麗に咲いているハイビスカスや、冬なのに蚊に刺されて久しぶりにかゆみを感じると、ここは南国だと実感できます。
建物はコンクリートの箱型で、屋上には水不足の時のためにある銀色の大きな丸いタンクがあります。建物はクリーム色、ピンク色、水色、黄緑色とパステルカラーで展開されていて、この建物がたくさん並んだ景色は、なんともいえない雰囲気をかもし出しています。こんなところが非日常的で、沖縄の人気の理由のひとつかもしれません。こんな沖縄らしさをぜひ味わってみてください。

注目記事

TOP